概要

7202シリーズは、ATカット水晶振動子16.777216MHz(または25.165824MHz、33.554432MHz)向けの発振回路を内蔵し、512分周(または768分周,1024分周)した32.768kHzを出力する、125℃動作対応の水晶発振モジュール用CMOS ICです。ATカット水晶の使用により、音叉型水晶振動子の製品に比べ、優れた周波数温度特性(20ppm)、短い発振起動時間(数百μs)を実現します。
従来品(5059)と比較し、消費電流を10分の1に低減、チップサイズを40%に縮小し、かつ幅広い動作電源電圧範囲(1.6~3.63V)、動作温度範囲(-40~125℃)に対応しております。

バージョン

●For AT-cut fundamental oscillator/ATカット基本波用

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Output

type

Output

frequency

PAD layout and version name

FCB

WB

WB

16.777216

1.6 to 3.63

-40 to 125

CMOS

15pF max.

32.768kHz

(fosc/512)

7202HA1x

7202HB1x

7202HC1x

 25.165824

 32.768kHz

(fosc/768)

7202HA2x

7202HB2x

7202HC2x

33.554432

32.768kHz

(fosc/1024)

7202HA3x

7202HB3x

7202HC3x

*1. 推奨発振周波数は、NPC 特性確認用水晶からの目安であり、発振周波数帯を保証するものではありません。
水晶振動子の特性や実装条件 により特性が大幅に変動しますので発振特性の十分な評価のもとご使用下さい。

ブロック図

特長

・発振周波数(基本波発振)
16.777216MHz(512分周)、25.165824MHz(768分周)、33.554432MHz(1,024分周)
・低消費電流(発振部定電圧回路駆動)
A1A ver. Typical 7μA@16.777216MHz、VDD=3.3V、無負荷
・チップサイズ :X=0.55mm、Y=0.55mm(スクライブラインセンター間の値)
・電源電圧 : 1.6~3.63V
・出力ドライバビリティ : ±1mA
・出力周波数 : 32.768kHz
・出力3ステート機能
・動作温度範囲 : -40~+125℃
・低スタンバイ電流(発振停止、パワーセーブプルアップ抵抗内蔵)

アプリケーション

スマートフォン、タブレット機器等の一般民生機器