わずかな隙間に高精度エンコーダを構成可能
サブミクロンを超える分解能と小型化を実現する、組み込みに最適なエンコーダヘッド

SMD-01Aは、LEDと高精度アナログアンプを一体化した小型・反射型光エンコーダヘッドです。CMOSアンプを混載した独自半導体プロセスにより、低ノイズ・高精度なアナログ信号を生成し、逓倍回路との組合せでサブミクロンを超える高分解能化が可能になりました。

同時に、取付け位置誤差による信号劣化を最小限にすることに成功したため、高精度エンコーダの組立工程負荷を大幅に低減可能です。お客様の製品の小型化・高精度化を同時にサポートいたします。

特長

反射型光エンコーダSMD-01

  • 小型パッケージ:14 pin HCOB (5.3 x 4.3 x 1.68mm)
  • 高精度A/B相アナログ出力
  • ノイズに強い差動出力対応
  • スケールとの相対位置ばらつきによる影響を軽減、実装工程の簡易化が可能
  • 5Vまたは3.3V電源での動作可能
  • 電源電圧範囲:3.13~5.25V (SWV=H)
    4.75~5.25V (SWV=L または H)
  • 動作温度範囲:-20~+60℃

小型

別途必要となるガラススケール、PCB基板を併せても、4mm未満の隙間にエンコーダを構成可能です。

アプリケーションの中にエンコーダを組み込んで使用する用途に最適です。

SMD-01 Scale

高精度

1チップエンコーダとして最高クラスの信号精度により、外部逓倍回路との組み合わせでサブミクロンを超える分解能が実現可能です。

高精度

ブロック図

ブロック図

アプリケーション例

各種アプリケーションの 小型化/軽量化/高精度化 を実現するエンコーダとして最適

  • 実装機
  • レーザー光軸制御
  • 計測器
  • 高精度ロータリーエンコーダ
  • ステージ
  • アクチュエータ
  • 各種小型モーター

データシート

SMD-01A_ND16001J01(733.5 KB)

アプリケーションノート

SMD-01A_ND16002J00(485.9 KB)