先輩社員インタビュー

金井 健一郎
技術部門
2002年入社

Q.この会社を志望したきっかけと入社の決め手は?
大学在学時に、MEMS技術を用いたサーモパイルセンサのゼーベック係数評価システムを研究したことがあったので、センサ関連には興味がありました。NPCではセンサ関連のプロセス立ち上げに力を入れていることを知り、MEMS関連の知識や経験が生かせるのではと思い、プロセス開発部門を志望しました。また、NPCの工場は、半導体工場としては小規模ですが、だからこそ、一部のパートだけでなく生産全般に関われる楽しさがあるのではないかと思いました。

Q.現在までの担当業務とやりがいと苦労は?
現在、生産技術業務に10年以上携わっていますが、製品の歩留まり低下が発生した時に、何が原因なのか、工程をさかのぼって調査を行うことが非常に難しいと感じています。製品の製造工程がすべて見渡せないと難しい仕事ではありますが、入社後2年ほどプロセス開発の仕事を経験したので、その時に得た素子の特性や構造についての知識が役立っています。
原因調査はとても大変ですが、原因がわかった時の喜びは言葉では言い表せません。しかし、同時に再発させないような仕組みを構築することも大切です。いかにコストをかけずに生産効率を高めるか、これが重要だと思っています。

Q.休日の過ごし方を教えてください
3人の子どもと遊びます。一緒に公園に行ったり、ときどきですがお菓子作りをしたり。子どもに癒され、仕事の疲れもリフレッシュできる時間です。

Q.未来の新入社員の皆さんへメッセージをお願いします
NPCはいま、光、赤外線などのセンサデバイスの開発に力を入れています。高い精度や品質を求められるため、日々チャレンジの連続です。NPCでは開発から生産まで一貫して行っていますので、回路設計はもちろん、センサのプロセス開発からモジュールの組み立てまで、幅広く活躍の場があります。エンジニアとして活躍したい方にはおすすめです。

ある日のスケジュール

5:00 起床
7:00 出社、1日の予定確認
8:30 朝礼
9:00 課会、課題進捗管理(打ち合わせ、部下に確認)
12:00 昼食
13:00 開発会議
16:00 翌日会議の準備、資料作成
19:00 帰宅
20:00 子どものお迎え、夕食準備
21:00 夕食
23:00 就寝

※取材当時の情報です。