先輩社員インタビュー

福井 典子
設計部門
2004年入社

Q.現在までの担当業務を教えてください
入社5年目まで、設計部門の中でもテスト設計(製品検査のための評価基板やプログラムの設計)に携わっていました。その後、同部門の製品設計の担当として、現在はテスト設計で最後に関わっていた製品の後継機種の設計に携わっています。具体的には、半導体回路の設計や試作品の評価、また直接お客様を訪問し製品の仕様決め等の打合せを行います。
設計部門、その中でも特に製品設計は企画の中心となる仕事で、社内外の多くの人と関わり、回路だけでなく、製造・検査工程や製品の市場などの幅広い知識も要求されるため、自分に務まるだろうかと思いながらも今までなんとかやってきています。

Q.やりがいと苦労を教えてください
設計の仕事をしているので、設計したとおりのものができたときはもちろんうれしいですが、うまくいかなかったり、想定しない不具合が見つかったりしたとき、解析しているのになかなか原因が突き止められないときはつらいと感じます。
しかし、それを解決できたときの達成感は大きいと感じています。そしてできあがった製品や対応をお客様に認めていただいたときはとてもうれしく思います。

Q.働く上で一番大切にしていることは?
事実を素直に受け止めることと、自分のやったことには自信と責任を持つようにしたいと思っています。逃げたりごまかしたりしたことは、後で絶対自分に返ってきます。
ちょっとおかしいなと思ったことも、そのときは問題になっていなかったからそのままにしておいたことで、後で問題になることがあります。おかしいと感じたことは、なるべくそのときに調べたほうがいいと思っていますが、納期もあるので、バランスを考えるようにしています。

Q.働きやすい職場ですか?
設計をする上では、必ずやるべき会議や検証作業があり、期日もお客様の要望などで決まってしまいますが、やり方やペース配分は基本的に個人の裁量に任されています。仕事を任せてもらっている、と感じると同時に、自由にさせてもらっていると思うので働きやすいと感じています。
行き詰まったときには周囲に相談やお願いをしやすい環境です。

Q.休日の過ごし方を教えてください
録りためたテレビ番組を見たり、買いためた本を読んだり、ペットの猫と遊んだりしています。たまにおいしいものを食べに行ったりもします。

Q.10年後の自分はどうなっていたいですか?
将来子どもができたとしたら、働きながら子育てもしたいと思っています。産休育休制度を利用して職場復帰された先輩がたくさんいるので、両立の心配はあまりしていません。今まで設計を担当した製品は、すべて同じシリーズのものですが、スキルを高めて他の分野の製品に関われるようになっていたいです。

ある日のスケジュール

6:30 起床
7:45 家を出る
8:30 朝会
9:00 測定室にて試作品の評価
12:00 昼休み
13:00 新製品の打ち合わせ
19:00 退社
20:00 夕食
21:00 TVを見る、猫と遊ぶ
24:00 就寝

※取材当時の情報です。