概要

5410 シリーズは、発振周波数 20~62MHz の VCXO モジュール用 IC です。固定通信用途向けに独自開発のバリキャップダイオード搭載プロセスを採用したことにより、低位相雑音特性、外付け部品なしで幅広い周波数可変幅を実現しました。5410 シリーズを使用することにより、広可変、低位相雑音の VCXO モジュールを実現できます。

仕様

Device

5410

Oscillator type

VCXO向け

Oscillation frequency

Fundamental

20MHz62MHz

Operating voltage

2.97V3.63V

Operating temperature

-40℃~+105

Output type

CMOS

Divider

fOSCfOSC/16

Standby mode

INHN=”Low”

Oscillator

Stopped

Output

Hi-Z

Chip size

0.84mm×0.80mm

PAD layout type

WB

Package

Wafer, Chip

バージョン

●For fundamental oscillator

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Output

type

Output

frequency

Version name

20 to 40

2.97 to 3.63

-40 to 105

CMOS

15pF max.

fosc

5410A1

fosc/2

5410A2

fosc/4

5410A3

fosc/8

5410A4

fosc/16

5410A5

40 to 62

fosc

5410B1

fosc/2

5410B2

fosc/4

5410B3

*1.推奨発振周波数は、NPC特性確認用水晶からの目安であり、発振周波数帯を保証するものではありません。水晶振動子の特性や実装条件により特性が大幅に変動しますので発振特性の十分な評価のもとご使用下さい。

ブロック図

データシート

5410_ND12007J02(810.9 KB)

IBIS

5410a1(144.1 KB) 5410b1(142.2 KB)