概要

5079シリーズは、発振周波数 60MHz~250MHz の LVDS 出力の VCXO モジュール用 IC です。バイポーラ発振回路と新規開発のバリキャップダイオード内蔵により、低位相雑音特性、広い周波数可変範囲を実現しました。

仕様

Device

5079

Oscillator type

VCXO向け

Oscillation frequency

Fundamental

60MHz250MHz

Operating voltage

2.375V3.63V

Operating temperature

-40℃~+105

Output type

LVDS

Divider

fOSCfOSC/2

Standby mode

OE=”Low” or OEN=”High”

Oscillator

Operating

OUT

Hi-Z

OUTN

Hi-Z

Chip size

1.3mm×1.0mm

PAD layout type

Straight

Package

Chip

バージョン

●For fundamental oscillator

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Output

type

Recommended

C0 value

[pF]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Version name

fosc

fosc/2

60 to 100

LVDS

<1.5

(without C0 cancellation circuit)

2.97 to 3.63

-40 to 105

5079A1

(5079A2)

2.375 to 2.625

5079AP

(5079AQ)

100 to 170

2.97 to 3.63

5079B1

(5079B2)

2.375 to 2.625

5079BP

(5079BQ)

150 to 200

2.97 to 3.63

5079C1

(5079C2)

2.375 to 2.625

(5079CP)

(5079CQ)

200 to 250

2.97 to 3.63

(5079D1)

(5079D2)

2.375 to 2.625

(5079DP)

(5079DQ)

*1. 推奨発振周波数範囲は、弊社の特性確認用振動子からの目安であり、発振周波数帯を保証するものではありません。 振動子の特性や実装条件により特性が大幅に変動しますので、発振特性の十分な評価のもとご使用下さい。 振動子の特性は R1<20Ω, C0<1.5pF を推奨します。

*2. (  )内のバージョンは開発中です。

ブロック図