概要

本シリーズは、2.5V動作が可能な差動LV-PECL出力のSPXOモジュール用ICです。基本波(80MHz~320MHz)と3倍波(105MHz~170MHz)の発振能力を備えました。BiCMOSプロセスを用いた開発により、LV-PECL出力の各種終端回路に適用できます。

仕様

Device

7051

Oscillator type

SPXO向け

Oscillation frequency

Fundamental

80MHz~180MHz

Fundamental

180MHz~320MHz

3rd overtone

105MHz~130MHz

 3rd overtone

130MHz~170MHz

Operating voltage

2.375V3.63V

Operating temperature

-40℃~+125

Output type

LV-PECL

Divider

fOSC~fOSC/4

Standby mode

INHN=”Low”

Oscillator

Stopped

Output

Hi-Z

Chip size

0.9mm×0.94mm

PAD layout type

Cross

Package

Chip

 

バージョン

Recommended

crystal unit/resonator

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Recommended

C0 value

[pF]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Output frequency and

Version name

fosc

fosc/2

fosc/4

 Fundamental  80 to 120  ≤2  2.375 to 3.63  -40 to 125 7051A1  (7051A2)  (7051A3)
180 to 320 7051B1  –
 3rd overtone 105 to 130 7051M1  –  –
130 to 170 7051N1  –  –
()内は開発中

*1. 推奨発振周波数範囲は、NPC 特性確認用水晶振動子からの目安であり、発振周波数帯を保証するものではありません。 水晶振動子の特性や実装条件により特性が大幅に変動しますので、発振特性の十分な評価のもとご使用下さい。

ブロック図

特長

・低位相ノイズにより、安定した高品質な通信を実現(位相ジッタ:従来品比約70%減)

・3.2mm×2.5mmパッケージ実装が可能に。レイアウト設計の自由度も向上

・125℃へも対応し、市場ニーズに幅広く対応

アプリケーション

インターネット・ストレージ等の高速デジタル通信(SONET/SDH、Ethernet、FibreChannel)

IBIS

7051a1(347.9 KB) 7051b1(267.3 KB) 7051m1(553.0 KB) 7051n1(596.7 KB)