概要

5052 シリーズは、発振周波数20MHz~125MHz基本波発振の水晶発振器向けの水晶発振モジュール用ICです。
発振回路部を定電圧駆動にしたことにより、消費電流と水晶電流を大幅に低減するとともに、発振特性の電源電圧依存性も大幅に低減しました。
PAD 配置は、パッケージ構造、実装方法に合わせて3種類のタイプから選択できますので様々な発振器形態に最適です。

仕様

Oscillator type

SPXO向け

Oscillation frequency

Fundamental

20MHz125MHz

Operating temperature

-40℃~+125

Output type

CMOS

Divider

fOSCfOSC/16

Standby mode
INHN=”Low”

Oscillator

Stopped

Output

Hi-Z

Chip size

0.60mm×0.57mm

PAD layout type

FCB, WB, WB

Package

ウェーハ, チップ

バージョン

●For fundamental oscillator/基本波用

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Output

type

Output

frequency

PAD layout and version name

FCB

WB

WB

20 to 60

1.6 to 3.63

-40 to 125

CMOS

15pF max.

fosc

5052HA1

5052HB1

5052HC1

fosc/2

5052HA2

5052HB2

5052HC2

fosc/4

5052HA3

5052HB3

5052HC3

fosc/8

5052HA4

5052HB4

5052HC4

fosc/16

5052HA5

5052HB5

5052HC5

40 to 80

fosc

5052HAP

5052HBP

5052HCP

fosc/2

5052HAQ

fosc/4

5052HAR

fosc/8

5052HAS

fosc/16

5052HAT

60 to 125

fosc

5052HLP

*1. 推奨発振周波数は、NPC 特性確認用水晶からの目安であり、発振周波数帯を保証するものではありません。水晶振動子の特性や実装条件 により特性が大幅に変動しますので発振特性の十分な評価のもとご使用下さい。

チップレイアウト

5052 series チップレイアウト

ブロック図

特長

5052を使用することで、1.6V~3.63V、-40℃~+125℃と広い動作範囲をカバーし、優れた位相ノイズと低消費電流特性をもつSPXOの開発が可能となります。

 

データシート

5052H_ND12015J00(613.3 KB)

IBIS

5052ha1(234.0 KB) 5052hb1(234.6 KB) 5052hc1(234.6 KB)

その他のバージョンのIBISはこちら