概要

5025/5026 シリーズは小型水晶発振器向けの水晶発振用ICです。小型水晶振動子の特性に合わせて、ダンピング抵抗RDにより水晶電流を低減しています。フリップチップ実装を前提としたPAD配置としていますので、基板面積の小さい小型発振器でもパターン設計の自由度を高めることができます。基本波発振用のバージョンと3倍波発振用のバージョンをラインナップしていますので、5025/5026 シリーズを使用することにより、幅広い用途に対応できます。

仕様

Device

5025

5026

Oscillator type

SPXO向け

Oscillation frequency

Fundamental

20MHz100MHz

3rd overtone

70MHz133MHz

Operating voltage

2.25V3.6V

Operating temperature

-40℃~+85

Output type

CMOS

Divider

fOSCfOSC/32 (Only fundamental)

Standby mode

INHN=”Low”

Oscillator

Stopped

Output

Hi-Z

Chip size

0.75mm×0.85mm

PAD layout type

FCB

WB

Package

ウェーハ

 チップ

バージョン

●For fundamental oscillator

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Output

type

Output

frequency

PAD layout and version name

FCB

WB

20 to 50

2.25 to 3.6

-40 to 85

CMOS

30pF max.

fosc

5025AL1

5026AL1

fosc/2

5025AL2

5026AL2

fosc/4

5025AL3

5026AL3

fosc/8

5025AL4

5026AL4

fosc/16

5025AL5

5026AL5

fosc/32

5025AL6

5026AL6

20 to 100

fosc

5025BL1

5026BL1

●For 3rd overtone oscillator

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Output

type

Output

frequency

PAD layout and version name

FCB

WB

70 to 80

2.25 to 3.6

-40 to 85

CMOS

30pF max.

fosc

5025MLA

5026MLA

80 to 100

fosc

5025MLB

5026MLB

90 to 133

fosc

5025MLC

5026MLC

*1. 推奨動作周波数は、NPC 特性確認用水晶からの目安であり、発振周波数帯を保証するものではありません。 水晶振動子の特性や実装条件により特性が大幅に変動しますので、発振特性の十分な評価のもとご使用下さい。

ブロック図

基本波発振用

INHN = Low active

3倍波発振用

INHN = Low active

データシート

5025_nc0315d(182.6 KB) 5026_nc0413c(181.1 KB)

IBIS

5025al1(329.2 KB) 5025bl1(315.9 KB) 5026al1(332.5 KB) 5026bl1(325.6 KB)

その他のバージョンのIBISはこちら