概要

5009 シリーズは、低水晶電流タイプの発振回路を採用した水晶発振モジュール用ICです。発振部の電流を制限する回路を採用したことにより、従来品と比較して水晶電流を抑えることができます。発振回路には周波数特性の優れた発振容量と、帰還抵抗を内蔵しているので水晶振動子を接続するだけで安定した基本波発振が可能になります。発振周波数は40MHzまでの基本波発振に対応します。短冊型水晶を使用したSMDタイプの水晶発振器に最適です。

仕様

Device

5009AL

5009AN

5009CN

5009AH

5009AK

Oscillator type

SPXO向け

Oscillation frequency

Fundamental

40MHz

30MHz

40MHz

Operating voltage

2.25V5.5V

2.7V5.5V

4.5V5.5V

Operating temperature

-40℃~+85 *

Output type

CMOS

TTL

Divider

fOSCfOSC/32

fOSCfOSC/2

fOSCfOSC/8

fOSCfOSC/2

Standby mode

INHN=”Low”

Oscillator

Stopped

Oscillation

Oscillation

Oscillation

Oscillation

Output

Hi-Z

Chip size

0.92mm×1.22mm

PAD layout type

WB

Package

チップ

バージョン

●For fundamental oscillator

Version name

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Output

type

Output

frequency

Oscilltor

stop

function

5009AL1

Up to 40MHz

2.25 to 5.5

-40 to 85

CMOS

fosc

Yes

5009AL2

fosc/2

5009AL3

fosc/4

5009AL4

fosc/8

5009AL5

fosc/16

5009AL6

fosc/32

5009AN1

2.7 to 5.5

fosc

No

5009AN2

fosc/2

5009AN3

fosc/4

5009AN4

fosc/8

5009AN5

fosc/16

5009AN6

fosc/32

5009CN1

Up to 30MHz

fosc

5009CN2

fosc/2

5009AH1

fosc

5009AH2

fosc/2

5009AH3

fosc/4

5009AH4

fosc/8

5009AK1

Up to 40MHz

4.5 to 5.5

TTL

fosc

5009AK2

fosc/2

*1. 推奨動作周波数は、NPC 特性確認用水晶からの目安であり、発振周波数帯を保証するものではありません。 水晶振動子の特性や実装条件により特性が大幅に変動しますので、発振特性の十分なご評価のもとご使用下さい。

ブロック図

データシート

5009_nc9801l(225.8 KB)

IBIS

5009an1(202.8 KB) 5009al1(262.1 KB) 5009cn1(400.2 KB)

その他のバージョンのIBISはこちら