概要

5059 シリーズは、ATカット水晶振動子16.777216MHz(または33.554432MHz)向けの発振回路を内蔵しており、512分周(または1024分周)した32.768kHzを出力する、125℃動作対応の水晶発振モジュールICです。ATカットの水晶を使用することにより、温度特性に優れた32.768kHz出力の水晶発振器を実現することができます。PAD配置は、パッケージ構造、実装方法に合わせて3種類のタイプから選択できますので小型発振器に最適です。

バージョン

●For AT-cut fundamental oscillator/ATカット基本波用

Oscillation

frequency*1

[MHz]

Operating

voltage

[V]

Operating

temperature

[̊C]

Output

type

Output

frequency

PAD layout and version name

FCB

WB

WB

16.777216

1.6 to 5.5

-40 to 125

CMOS

15pF max.

32.768kHz

(fosc/512)

5059HAA

5059HBA

5059HCA

33.554432

32.768kHz

(fosc/1024)

5059HAB

5059HBB

5059HCB

*1. 推奨発振周波数は、NPC 特性確認用水晶からの目安であり、発振周波数帯を保証するものではありません。水晶振動子の特性や実装条件 により特性が大幅に変動しますので発振特性の十分な評価のもとご使用下さい。

ブロック図

データシート

5059H_ND12033J01(602.1 KB)

IBIS

5059haa(349.3 KB) 5059hab(350.3 KB) 5059hba(349.3 KB) 5059hbb(350.9 KB) 5059hca(350.6 KB) 5059hcb(347.8 KB)