概要

SM6610 シリーズは温度変化に対し、リニアな電圧出力を持つ温度センサICです。CMOSプロセスの採用により、低電圧、低消費電流を実現しています。さらに、パワーダウン機能を内蔵していますので、間欠動作により、セットの低消費電力化に貢献することができます。また、SM6610 シリーズは、超小型パッケージSC82ABを採用しているため、チップサーミスタ等からの置き換えも対応可能となっています。

ブロック図

特長

  • 高リニアリテイ:±0.5% typ.(Ta=-20~80℃)
  • 動作温度範囲:-40~100℃
  • 出力電圧係数、出力精度により、バージョン有り
  • 低消費電流:5.5μA typ.(Ta=25℃)
  • パワーダウン機能内蔵(パワーダウン時待機電流:0.5μA)
  • パッケージ: SC82AB

アプリケーション

  • 携帯電話
  • PHS/携帯電話基地局
  • HDDのMR/GMRヘッド/スピンドルモータの温度監視
  • DVDのレーザー・ピックアップの温度監視
  • バッテリパック
  • その他、高精度サーミスタとの置き換え 等

データシート

6610_nd11008j00(414.5 KB)