概要

SMH-01B01は、8×8 画素でエリアの赤外線エネルギーを検知し放射温度に換算して出力できる サーモパイル型赤外線アレイセンサモジュールです。
Si レンズ光学系が実装されており、内蔵するA/D コンバータ付きMCU により、各画素毎の換算放射温度およびセンサチップ上に搭載されている温度センサによる環境温度を I2C インタフェースよりディジタル出力します。
また、20~200倍の倍率可変プリアンプをセンサICに内蔵しており、制御ソフトによるオートレンジ切り替えで広い温度範囲の測定が可能です。
従来のセンサと比較し、高出力感度・広検出温度範囲を特長とし、家電、産業機器分野(空調、医療、自動車)への展開を見込んでおります。

仕様

・8×8構成 64画素
・フレーム計測速度:4/2/1FPS(ソフト切替え)
・Siレンズ光学系搭載:全視野角35度(両端素子ピーク間)
・10bitADCによるデジタル出力(I2C)
・20~200倍の倍率可変プリアンプの倍率切り替えにより計測温度を約250℃まで拡大(25℃環境)
・バンドギャップ゚型温度センサによる環境温度検出機能、温度補正係数内蔵
・放射温度分解能:±1.5℃
・電源電圧:5.0V±5%、消費電流:5mA(typ.)
・保存温度:-40~100℃、動作温度:-20~100℃(温度特性確認範囲:5~45℃)

ブロック図

アプリケーション

防災監視機器、セキュリティ機器、簡易サーモグラフィー装置、エアコン、電子レンジ

データシート

SMH-01B01_DE160621J(737.4 KB)

放射温度表示例

外形寸法図