概要

SM6661Aは、ジャイロセンサモジュールと組み合わせて使用するジャイロセンサ用ポストアンプです。2系統のポストアンプを内蔵しているため、2軸分のジャイロセンサモジュールの出力信号に対して、SM6661Aが1個で対応することができます。モデルによって異なる手振れ補正の感度や、周波数特性の変更を容易にするとともに、スリープ機能などが内蔵され、ジャイロセンサモジュールの出力信号を、簡単にA/D コンバータに入力できます。

ブロック図

特長

  • 電源電圧:3.0~3.6V
  • 動作周囲温度:-20~+80℃
  • 2系統入出力(逆相出力)
  • 2軸ジャイロセンサモジュールに対応
  • 外付け素子により出力ゲインおよび周波数特性の調整が可能
  • 出力ゲイン可変範囲:30~50dB
  • 後段に接続されるA/Dコンバータとのインターフェースを容易にする0点電圧補正機能
  • スリープ機能内蔵
  • 小型パッケージ: QFN-16-025025-2

アプリケーション

  • DVC
  • DSC

データシート

6661_nc0801a(168.4 KB)