概要

SM5958Aは、8ch非同期プログラマブルサンプルレートコンバータICです。3線式シリアルフォーマットのディジタルオーディオデータ入出力とサンプルレート比検出回路からなる4系統8chのサンプルレートコンバータです。また、Mix down機能により8ch→2chのMix down出力を出力することも可能です。入出力サンプルレートは8kHz~200kHz、サンプルレート変換比は0.0625倍~16倍に対応します。16/20/24bitの入出力語長、I2S/前詰/後詰/TDMの入出力フォーマットに対応しており、入出力ソースを選びません。設定レジスタのコントロールは、I2Cを経由して行います。さらに、MediaLB I/Fからのデータ出力に対応しており、MOSTシステムとの接続性も向上しています。

注: I2C BUSは、NXP B.V.の登録商標です。
注: MOST,MediaLBは、Standard Microsystems Corporationの登録商標です。

ブロック図

特長

  • サンプルレート変換比:0.0625倍~16倍の任意
  • ディジタル入力
    4系統独立 fsi=8kHz~200kHz
  • ディジタル出力
    4系統独立 fso=8kHz~200kHz
  • システムクロック生成用PLL内蔵
  • MediaLB対応
  • Mix down機能
  • 複数個同期機能(8chグループモードで可能)
  • I2Cコントロール
  • 2電源:1.8V、3.3V
  • パッケージ:LQFP-100-140140-1

アプリケーション

  • 多チャンネルオーディオシステム
  • MOSTオーディオシステム