外部より印加する電圧で発振周波数を変え、テレビや通信機器の周波数調整に用いられるVCXO(Voltage Contorolled X’tal Oscillator)。当社は、広い周波数可変範囲、低雑音特性を特長とし、様々な出力形式の製品をラインナップしています。

VCXO向け 製品マップ

VCXO マップ

VCXO向け 製品一覧

製品名 機能 特長 電源電圧
[V]
推奨発振周波数
[MHz]
パッケージ データシート
5420シリーズ Fund.Diff.High freq. 低位相ノイズ特性と幅広い周波数可変範囲を実現したLV-PECL 出力型VCXO モジュール用IC
バイポーラ発振回路と新開発のバリキャップダイオード搭載プロセスを採用し、外付け部品なしで幅広い周波数可変幅を実現
5420xL シリーズは5420x シリーズから更に消費電流を削減
動作温度範囲:-40~105℃
2.97~3.63 100~250 Chip お問い合わせください
5077シリーズ Fund.Diff.High freq. 幅広い周波数可変範囲を実現したLV-PECL出力型VCXO モジュール用IC
バイポーラ発振回路と新開発のバリキャップダイオード搭載プロセスを採用し、外付け部品なしで幅広い周波数可変幅を実現
2.97~3.63 60~170 Chip お問い合わせください
5078シリーズ Fund.High freq. 低位相ノイズ特性と幅広い周波数可変範囲を実現したCMOS出力型VCXO モジュール用IC
バイポーラ発振回路と新開発のバリキャップダイオード搭載プロセスを採用し、外付け部品なしで幅広い周波数可変幅を実現
動作温度範囲:-40~105℃
2.97~3.63 60~170 Chip お問い合わせください
5079シリーズ Fund.Diff.High freq. 低位相ノイズ特性と幅広い周波数可変範囲を実現したLVDS出力型VCXO モジュール用IC
バイポーラ発振回路と新開発のバリキャップダイオード搭載プロセスを採用し、外付け部品なしで幅広い周波数可変幅を実現
動作温度範囲:-40~105℃
2.375~2.625
2.97~3.63
60~250 Chip お問い合わせください
5410シリーズ Fund. 発振周波数20~62MHzのVCXOモジュール用IC
独自開発のバリキャップダイオード搭載プロセスを採用し、低位相ノイズ特性、外付け部品なしで幅広い周波数可変幅を実現
動作温度範囲:-40~105℃
2.97~3.63 20~62 WaferChip PDF
5075/5076シリーズ Fund. 発振周波数20~55MHzの小型VCXOモジュール用IC
新開発のバリキャップダイオード搭載プロセスを採用し、幅広い周波数可変範囲の確保が困難な小型の水晶振動子でも広可変が可能
1.8V系、2.5V系にも対応
1.6~2.0
2.25~3.63
20~55 WaferChip PDFPDF

Fund. 基本波発振器 3rd O.T. 3rdオーバートーン発振器 SAW SAW発振器 High freq. 高周波
Diff. 差動出力 Ultra mini 超小型パッケージ Wafer ウェハフォーム Chip チップフォーム