多チャンネル化にも対応。抵抗ブリッジ型センサ用IC「SM3605AB-G」の提供開始

SM3605AB-Gは、抵抗分圧型センサの微小信号を増幅するためのアンプICです。1つのICで8チャンネルまでの入力に対応、複数ICをデイジーチェイン接続することで、さらに多チャンネル化が可能です。微小信号をローノイズアンプで増幅し、オートバイアス機能によりオフセットキャンセル後で、アナログ電圧をシリアル出力します。

センサ用アンプIC SM3605AB-G 詳細ページへ