高精度・小型・高温度で
近距離無線用ニーズにも対応
水晶発振モジュール用CMOS IC「7101シリーズ」を販売開始

セイコーNPC株式会社 (本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 大川 浩明) は、水晶発振モジュール用CMOS IC 「7101シリーズ」の販売を開始しました。

製品概要

本シリーズは、発振周波数調整機能と分周機能を備えた水晶発振モジュール用CMOS ICです。
発振回路を定電圧回路で駆動することにより、低消費電流、低周波数電圧偏差を実現しました。
充実した機能ながら、1612サイズの小型パッケージに実装できます。

主な特長

  • 近距離無線用途のニーズを満たす高精度・小型。高温(~125℃)にも対応
  • 発振周波数調整機能(f0調整機能)を内蔵し高精度化を実現
  • 分周機能により種々の周波数に対応。短納期と管理コスト低減に貢献

仕様

  • 発振周波数:16~80MHz
  • 出力周波数:0.25~80MHz
  • 出力仕様:CMOS
  • チップサイズ:0.6mm×0.62mm(1612または2016パッケージに実装可)
  • 電源電圧 :1.6~3.63V
    7101chip

    トレイ上の7101チップ

  • 動作温度範囲 :-40~+125℃
  • 内蔵メモリ: 不揮発性メモリ(OTP: One Time Programmable)
  • f0調整機
    – 調整方法                        : メモリ書き込み
    – 発振負荷容量(CL)設計値: 5pF
    – 周波数可変幅                  : ±30ppm (min)
    – 周波数可変分解能           : 1.5ppm/bit (max)
  • 発振周波数分周機能
    – 設定方法                         : メモリ書き込み
    – 選択可能分周数              : 1/2, 1/4, 1/8, 1/16, 1/32, 1/64
  • 用途 : Bluetooth/Wifi等の近距離無線、ウェアラブル端末等

 

新製品概要

製品名
7101シリーズ

 

お問い合わせ