8×8画素サーモパイル型赤外線アレイセンサモジュール
「SMH-01B01」 を開発

セイコーNPC株式会社 (略称: NPC、本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 大川 浩明) は、遠赤外線用Siレンズ光学系と検出回路、制御用MCUを1つの基板上に実装し小型化した 8×8画素のサーモパイル型赤外線アレイセンサモジュール 「SMH-01B01」 を新たに開発いたしました。

本モジュールは、センサICをCOB(Chip On Board)実装した上にSiレンズ光学系を実装し、搭載されたADコンバータ付きマイコンにより、各画素の換算放射温度および環境温度を、ICインターフェースでデジタル出力します。また、20~200倍の倍率可変プリアンプをセンサICに内蔵しており、制御ソフトによるオートレンジ切り替えで広い温度範囲の測定が可能です。従来のセンサと比較し、高出力感度・広検出温度範囲を特長とし、家電、産業機器分野(空調、医療、自動車)への展開を見込んでおります。

 

主な特長と仕様

smh-01b01

  • 8×8構成 64画素
  • フレームレート:4/2/1FPS(ソフト切替え)
  • Siレンズ光学系搭載:全視野角35度(両端素子ピーク間)
  • 10bitADCによるデジタル出力(IC)
  • 20~200倍の倍率可変プリアンプ内蔵のセンサIC
  • バンドギャップ゚型温度センサによる環境温度検出機能、温度補正係数内蔵
  • 放射温度分解能:±1.5℃
  • 電源電圧:5.0V±5%、消費電流:5mA(typ)
  • 保存温度:-40~100℃、動作温度:-20~100℃(温度特性確認範囲:5~45℃)
  • モジュールサイズ: 16×25×7.8mm
  • 用途:防災監視機器、セキュリティ機器、簡易サーモグラフィー装置、エアコン、電子レンジ

 

放射温度表示例

img-products-smh-01b01_exe

 

ブロック図

img-products-smh-01b01_block

 

外形寸法図

img-products-smh-01b01_size

 

お問い合わせ

 

「赤外線アレイセンサフォーラム 2016」へのご来場ありがとうございました。
当製品に関するご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

当製品を「赤外線アレイセンサフォーラム 2016」に出展いたします。
当日は、11:30より弊社技術者が講演「赤外線センサアレイモジュール製品のご紹介」を行いますので、ぜひ会場にお越しください。

日時 2016年7月29日(金) 11:00~19:00
会場 立命館大学大阪いばらきキャンパス
主催 立命館大学