企業倫理行動指針

セイコーNPC株式会社は、セイコーホールディングスグループの一員としての自覚を持って、社員一人一人が「法令の遵守」と「社会倫理の実践」を通じて、企業としての社会的責任を果たしていかなければなりません。
この考えを徹底するために、「企業倫理の基本理念」に基づき「企業倫理行動指針」を定めました。

  1. 公正な競争
    自由競争社会における基本原理である「公正、透明、自由な競争」を尊重し、取引を行います。
  2. 適正な購買活動
    関連法令および諸規則を遵守し、取引先選定にあたっては、価格、品質、納期、安定供給能力等を公平、公正に評価し選定を行い、私的な利害関係をもつことなく健全な購買取引を行います。
  3. 知的財産権の尊重
    知的財産権に関する法令を遵守し、第三者の権利を尊重します。
    当社の知的財産を保護し、活用します。
    役員や社員の知的財産に関する創意工夫や努力を尊重します。
  4. 適正な会計行為
    商法、税法、会計および証券等に関する法令や規則を遵守し、適正かつ適時に会計処理と会計報告を行います。
  5. 不適正な支出の禁止
    法令、社会的倫理および健全な商慣行に反する支出はしません。
    不適正な支出に関する各種国内法令と規則、あるいはそれぞれの国・地域の法令、規則を遵守します。
  6. 品質の重視
    高品質で付加価値の高い製品とサービスの提供により、お客様に感謝・信頼される企業を目指します。
  7. 環境の保全
    地球の環境保全は健康で豊かな社会の基盤であり、法令を遵守して、当社の環境基本理念および環境基本方針に従って、積極的かつ継続的に取り組みます。
  8. 健全な労働環境
    基本的人権を尊重し、各人の主体性と独創性が最大限に発揮でき、そして企業が発展できる環境作りに努めます。
    健康で安全であり、不当な差別や嫌がらせのない、仕事に専心できる環境を実現するよう努めます。
    全ての役員や社員の個人情報を適切に保護します。
  9. 職場の秩序維持
    お互いの職務を尊重し、協力しながら活発な意見交換や報告・連絡・相談ができる風土を醸成します。
    お客様あるいは会社の利益が損なわれることのないように適正な行動をします。
  10. 会社情報の管理と利用
    業務遂行の過程で取り扱う情報は当社固有の財産として、これを適切に管理します。
    業務上知り得た企業や個人等に関する情報を保護し、その収集、利用、管理にあたっては、関連法令および社内規則に従い適正な管理を行います。
    インサイダー取引を未然に防止するため、関連法令を遵守し、社内の未公表の重要情報は適正に管理します。
  11. 会社財産の保全
    会社の資産を役員や社員の一人ひとりが正当な業務目的に基づいて使用します。
  12. 広報に対する意識
    適正かつ適時に企業情報を開示し、国内外における顧客、取引先、社員、地域社会、および国内外のメディア等から正しい理解と信頼を得ます
  13. 輸出関連法令の順守
    私たちは、国際的な平和及び安全の維持を目的とする安全保障輸出管理を適切に実施します。
  14. 反社会的勢力との関係断絶
    反社会的な勢力あるいは組織とは接触せず、介入される隙を与えず、影響を及ぼされることを未然に防ぎます。
  15. 政治・行政との関係
    法令に反したり、あるいは社会通念から逸脱した政治献金等をおこなわず、政治に対して健全かつ公正な関係を維持します。
  16. 社会のモラル(倫理・道徳)
    私たちは、自分の仕事に誇りを持って行動し、社会的モラルを確立するように行動します。