沿革

企業活動・受賞 製品・技術
1975年 日本プレシジョン・サーキッツ株式会社(NPC:Nippon Precision Circuits Inc.)として会社創立
2インチライン(現S棟)竣工
世界初のCB(Citizen Band)無線機用PLL CMOS LSIを開発
1976年 世界初のレコードプレーヤー用クォーツロックLSIの開発
1978年 低消費電流1V動作のクロック用CMOS LSIの開発
1979年 資本金2億5千万円に増資
1983年 モリブデンゲート多層構造CMOSプロセスの実用化
200MHz動作のPLL用CMOS LSIの開発
1984年 世界最高速のCDプレーヤー用121次直線位相FIRデジタルフィルタLSIの開発
1987年 日経優秀製品サービス賞受賞:録音再生用デジタルフィルタIC  世界初のDAT用デジタルフィルタICの開発
1989年 6インチライン(H棟)竣工
「ラジオ技術誌」賞受賞:CDプレーヤ用 高性能20ビット8fsデジタルフィルタIC
1990年 オーディオ用1ビットDAC(Σ DECO)の開発
1992年 1V・90MHz動作ペジャー用PLLの開発
1993年 オーディオ用非同期サンプル レート コンバータの開発
1994年 ISO9001認証取得
「ラジオ技術誌」賞受賞:オーディオ用非同期サンプル・レート・コンバータ
世界初の圧縮方式ショックプルーフメモリーコントローラの開発
1996年 ISO14001認証取得
1997年 ELドライバICの開発
1998年 世界初のハイレゾリューションオーディオ用デジタルフィルタの開発
1999年 QS-9000認証取得
2000年 多目的高周波クロックジェネレータの開発
NiMH/NiCd用急速充電制御ICの開発
高周波発振器用ICの開発
2002年 高速対象追跡ビジョンチップの開発
2003年 発明協会主催「平成15年度関東地方発明表彰」にて、水晶発振用IC関連で「中小企業庁長官奨励賞」を受賞 電波時計用受信ICの開発
白色LEDドライバIC、ビデオバッファ/フィルタICの開発
2004年 計測自動制御学会において、高速対象追跡ビジョンチップが「技術賞・友田賞」を受賞 特定小電力無線用FSKトランシーバICの開発
2005年 セイコー株式会社(現:セイコーホールディングス株式会社)の100%出資会社となる
2006年 日本プレシジョン・サーキッツ株式会社からセイコーNPC株式会社に社名変更
資本金10億円に増資
ISO/TS16949認証取得
2007年 台湾駐在員事務所の開設
2008年 アンプ内蔵サーモパイル赤外線センサを国際学会「ISSCC」で発表
2009年 周波数調整機能付き、高精度水晶発振器用ICの開発
2011年 小型で高精度な光エンコーダを量産開始
2012年 超小型・光センサの開発
低位相雑音の電圧制御型水晶発振器用ICの開発
2013年 バリキャップ内蔵VCXO用ICの特許取得
2014年 企業スローガン「精度で新たな瞬(とき)を」制定 磁気センサモジュールの開発
2015年 マルチバンド対応・電波時計用受信ICの特許取得 50dpi 磁気ラインセンサモジュールの開発
2016年 COBタイプ赤外線センサモジュールの開発
2017年 IATF16949認証取得
2018年 2波出力発振器用IC「7701」の開発
2019年 車載向けの水晶発振器用IC「7101シリーズ」を開発
2020年 東京、大阪、台湾の営業所でコロナウイルス感染者数の状況に合わせてテレワーク勤務を開始 温度補償型の水晶発振器(TCXO)用ICを開発
2021年 ポスト5G情報通信システムに向けた水晶発振回路の研究開発を、公的助成事業の採択を受け開始
赤外線センサにおいて高感度を実現する金黒膜を用いた生産技術の基本特許を取得
SPXO、TCXOやセンサ製品の増産に伴い後工程にICテスター、外観検査付きハンドラーを増強
サーボモータ制御用の光エンコーダの新パッケージを開発