安全・衛生活動

安全で、安心な職場と健康で働きやすい職場環境づくり実現のため、安全・衛生方針に基づき、労働安全衛生マネジメントシステムに沿った安全・衛生活動に取り組んでいます。

健康経営への取り組み

2020年度から次の3つを目的として、健康経営宣言を制定し、健康経営に関する取り組みを開始しました。
①社員の健康維持・増進
②組織の活性化
③企業価値の向上

<健康経営宣言>
「企業発展の活力は人にあります。
人がいちばん重要な財産であり、社員の健康維持・ 増進に積極的に取り組みます。
さらには、社員が能力を最大限に発揮して活き活きと働くことができる環境を整備し、企業の持続的成長を 通じて、健全な社会の発展に貢献してまいります。」

健康診断受診率100%はもちろんのこと、産業医との更なる連携強化を図り、病院受診、治療継続のサポートに取組みます。また、食生活改善や運動機会の増進に向けたイベントにも積極的に取り組み、健康で活き活きと長く働ける会社を目指します。

禁煙推進活動への取り組み

2017年より、社員の健康を守り、健康的でいきいきと働けるよう禁煙推進活動に取り組んでおります。安全衛生委員会の中に禁煙推進分科会を発足し、全社員へ「タバコに関するアンケート調査」を実施するとともに、社内の喫煙状況、タバコの害や世間を取り巻く環境などの情報提供からスタートしました。2018年はタバコを吸う環境を見直し、タバコの社内販売の終了や喫煙所の屋外移設などを進めてきした。2019年からは就業時間中は禁煙にするとともに、禁煙に関する会社補助を開始しました。
お客様にも敷地内での禁煙にご協力いただきたくお願い致します。

社員への安全教育

安全・衛生活動

社員への安全に対する意識向上を図り、日常業務において安全を意識した行動ができるよう定期的に安全教育を実施しています。

 

総合消防訓練

工場火災を想定して、一斉放送、火元確認、避難誘導、避難場所img_csr_firefightingへの集合、出勤者全員の点呼確認など、地域の消防署員の協力のもとに避難訓練を実施しています。

安全衛生方針

「安全は何よりも優先する」との基本的考えに基づき、社員一人ひとりが安全・安心で働きがいのある職場づくりを目指します。

  1. 「災害ゼロから危険ゼロの職場」を基本に、潜在するリスクを徹底的に排除し、安全を確保します。
  2. 「健康は自分でつくる」を基本に、職場環境の整備と生活習慣の改善を行い、心と体の健康づくりを支援します。
  3. 計画的に社員教育を実施し、安全意識の高揚を図ります。
  4. 労働安全衛生に関わる法規制および社内規則を遵守します。
  5. 定期的に災害訓練を実施し、災害予防と被害拡大防止に努めます。

2012年度 栃木労働局長 奨励賞受賞

安全衛生に係る栃木労働局長表彰 奨励賞

2012年10月4日に、「安全衛生に係る栃木労働局長表彰 奨励賞」を受賞しました。

2020年度 栃木労働局長 優良賞受賞

2020年10月12日に、「安全衛生に係る栃木労働局長表彰 優良賞」を受賞しました。