環境保全活動の歩み

環境保全沿革

1993年 特定フロン、トリクロロエタンを全廃
1995年 関東産業局長よりエネルギー管理優良工場賞受賞
1996年 環境マネジメントシステムISO14001の認証取得
1998年 廃棄処理していた無機汚泥をセメント材としてリサイクル開始
1999年 LPGを燃料としたコ・ジェネレーションシステムによる自家発電開始
2000年 ダイオキシン特別処置法施行に伴い焼却炉廃止
2001年 資源エネルギー庁長官よりエネルギー管理優良工場賞受賞
2001年 廃酸汚泥をセメント材としてリサイクル開始
2003年 全製品鉛フリー達成
2003年 産業廃棄物のリサイクル率100%達成、継続中
2005年 チームマイナス6%(チャレンジ25キャンペーン)活動展開
2006年 コ・ジェネレーションシステムの運転を間欠運転に切替、CO2発生量を2005年度の60%まで減少
2008年 窒素発生設備の適正化(小型化)を図り、年間消費電力量を3%削減
2010年 地球温暖化対策活動を推進し、栃木県よりエコキーパー事業所に認定
2011年 東日本大震災後の電力使用制限令に対し、コ・ジェネレーションシステムによる発電によりグループ内共同スキーム実施、買電量15%削減を達成
2013年 栃木県よりエコキーパー事業所に再認定
2014年 工場棟屋根を遮熱塗料に塗替え、空調負荷低減による省エネ実施
2015年 コ・ジェネレーションシステムを完全停止してLPGの使用をゼロに、工場に無停電電源装置(UPS)を配備
2016年 工場内空調設備(ターボ冷凍機)を省エネタイプに更新し電力量を削減